法丁の滝

所在地 三重県鈴鹿市
落差 15m


焼木谷右俣の小滝









法丁の滝









宮指路岳を水源とする焼木谷の右俣下流部に懸かる滝で、すぐ上流に18m滝が懸かっている。 法丁の滝の名称は上流の18m滝を含めてのものかは不明である。 18m滝の更に上流にはいくつかの小滝が懸かるが、紺屋谷へ乗越す小峠のあたりが右俣の源流となっている。