養老の滝

所在地 岐阜県養老郡養老町
落差 30m






     
東海地方では言わずと知れた養老の滝である。  孝行息子が滝の水を汲んだら酒に変わったという孝子伝説でも良く知られた滝である。
すぐ近くにある秣の滝からは雄滝と言われ、少し離れた垂井町の不破の滝からは雌滝と言われているので立場が甚だ不明瞭な滝である。  有名滝は何かと比較の対象にされるので辛い立場なのであろう。
休日の日暮れ直前に行くと、次々と登ってくるアベックの姿を見る事が出来るので、アベックの生態観察にはもってこいの場所である。 彼らは明かりも無い真っ暗な滝の前で何をするつもりであろうか。 そして明かりも無い真っ暗な所をどうやって戻って来るつもりであろうか(ライトを持参してるとも思えないが)。