阿弥陀ケ滝

所在地 岐阜県郡上郡白鳥町
落差 60m

阿弥陀ケ滝手前の無名滝








           
白山山系の末端の大日岳を源流とする前谷川に懸かる滝で、白山開祖である泰澄大師が発見したと言われ、白山長滝寺の僧侶が修行中に滝に阿弥陀如来の姿が浮かびあがった事から命名されたと言われる。 日本の滝百選に選ばれている。


阿弥陀ケ滝