チチェン イツァ遺跡

さて、今日はいよいよ今回の旅で最大のハイライトともいえる、チチェン イツァ遺跡の見学である。 そして最後の目的地であるカンクンへ移動する日でもある。
チチェン イツァ遺跡は建設された時代により新旧二つの領域を持つ広大な遺跡である。 全部を詳細に見ようと思ううと、かなりの時間がかかるので、時間が無い向きは見たいものをあらかじめ決めて置いた方が良い。
メキシコでのマヤ文明を代表する遺跡、200年以上もマヤ文明の芸術・経済・宗教の中心だった都市、聖なる泉を中心として発展した都市、その壮大な遺構は遺跡好きのみならず一度は目にした事があるはずだ。 さあ、憧れのカスティージョを見に行くぞー!!! 

カスティージョ

スペイン語で「城」と名付けられた、ピラミッド状神殿である。 9世紀始めに建設され、底辺 55m四方・高さ23m、内部にはククルカンの神殿と呼ばれる小さなピラミッドが内蔵されており、チャック・モール像と翡翠の眼の赤いジャガーが安置されている(内部は狭い為に入場制限されている)。 ツアー等で時間が無い場合は、先に内部を見るか諦めるか選択させられるだろう。建物全体がマヤの暦を表している。 毎年春分の日の夕方になると最下段に蛇頭を設定した中央階段の側面に羽の形の影を映し出すと言われる。
下りは怖い

マヤ文明のピラミッドの例にもれず、ここの階段もかなりの急傾斜である。 登りはよいよい、下りは怖いという訳で、下りは毎度の如く鎖のお世話になる人が多いようだ。 その光景を上からみると、さながら綱引きでもしているかのように見えて、ちょっと不思議な感じであった。
戦士の神殿

生贄の心臓を捧げたチャックモール像が安置されていた事で有名な戦士の神殿である。 かつてチャックモール像が安置されていた上段には、現在では複製の二代目に代替わりし、本物は国立人類額博物館で隠居の日々を送っているようである。 神殿の周囲に、戦士の姿を浮き彫りにした石柱が取り囲み、千本柱の神殿の異名を持つ。
聖なる泉

ユカタン半島最大のセノテ(聖なる泉)で、雨神チャックが住むと信じられていた。 そこで、旱魃時には生贄や財宝が投げ込まれたという。 実際、20世紀初頭の調査では、生贄にされた数十体の人骨と財宝が発見されたらしい。

しかし、外国人の異教徒の目で見ると、聖なる泉も不気味な緑色によどんだ、小汚い沼といった感じで、長居したいとは思わない場所であった。
チチェン イツァ 修復中のピラミッド

高僧の墓と伝えられる旧チチェンイツァのピラミッドで、崩壊が激しい為に現在は修復中である。
カラコル(天文台)

文字通りの天体観測を行った天文台の跡である。 観測用に、西・西南・南の3つの窓が残り、月と太陽の動きを観測し、正確な暦を造り上げていた。
カンクン カリブ海の蒼い海

チチェン イツァでの感動を胸に、やって来ました、紺碧のカリブ海を望む世界的リゾート地であるカンクンに。普通の人は、ここでリゾートを楽しんだりマリンスポーツを楽しんだりする。 ツアー参加者もそのつもりの人が多いようだが、「こちとら遺跡を見にきたんでいっ」という意図を添乗員並びガイド氏に伝えたところ、パレンケまでは無理でも、ツルム遺跡ならシュノーケリングをセットしたツアーを検討しても良いという嬉しいお返事を頂いた。 明日は遺跡とカリブ海の両方を堪能するぞ。