メリダの夜

暑さでへろへろになりながらも、ウシュマル・カバー両遺跡の探索を終え、メリダのホテルでくつろいでいたら、なにやらソカロでイベントがあるとの事。 お買い物を兼ねて、ちょっと皆さんとお出かけしてみる事になった。

恐怖のオンボロタクシー

ホテルからソカロまでは結構な距離があるので、添乗員のH女史にタクシーを呼んでもらい、分乗して行く事になった。 そこで我々が見たものは・・・。 こんな車をまだ使うかってくらいのボロタクシーだった。 暗くて写真では解りにくいが、近くで見るとそりゃひどい。 古くてぼろくて、エンジン音まで変なのだ。 我々は何とか他のタクシーに乗れたが、こいつに乗った人達は生きた心地しなかったろうな・・・・。
民族舞踊大会だそうな・・・

ソカロで大々的に開催されていたのは、年に一度の民族舞踊大会であった。 衣装を見てると、なんかメキシコの民族舞踊って感じもしないのだが・・・。 様々な部族が、様々な(時には同じような)衣装を着けて踊り廻るのは、なかなか面白かった。 日本じゃそんなの、まず見ないからねえ。 
頭上のお盆がカッコイー!

なかでも面白かったのがこれっ。 写真ではお盆の上にビンとコップを乗せて、くるくると踊っているが、最初はビン一本から始まって、徐々にここまでエスカレートしてくる。 こういった踊りの場での男女の出会いもあるようで、その辺は世界中どこでも変わらんわな。